オンラインカジノと日本の賭博罪

賭博罪

オンラインカジノを楽しむ上で、賭博罪は大変気になることでしょう。詳しく解説していきます。

日本の賭博罪について

まず、賭博罪の内容について触れておきます。
刑法185条によって示されているのですが、『賭博をした者は50万円以下の罰金もしくは科料に処せられる』とされており、ギャンブル行為の全般が取り締まり対象となるのです。また、常習性が認められる場合には罪が重いとされており、常習賭博罪として3年以下の懲役に処せられるとされています。
これらの点について、厳に気を付けなければなりません。

オンラインカジノの合法性

オンラインカジノは賭博罪に該当するのでしょうか?答えを理解するためには、さまざまなシーンを思い起こす必要があると考えられています。海外旅行などでカジノを楽しんで、日本に帰ってきたら逮捕されるような場面を見かけたことがあるでしょうか?カジノを楽しんだ皆さんは、いつも笑顔で帰国されています。つまり、賭博罪で逮捕されてしまうようなことは絶対にありませんね。
賭博罪は、あくまで日本国内におけるギャンブルを取り締まる法律であり、海外にてギャンブルを楽しんだとしても摘発対象とはならないのです。
オンラインカジノも同様の仕組みであると考えれば良いでしょう。

カジノ賭博

日本人オンカジプレイヤーの逮捕

日本でオンラインカジノを楽しんでいた人にとりまして、2016年に衝撃的な事案が発生しております。それはオンラインカジノプレイヤーの逮捕劇であり、3人が摘発されたのです。
今までは、日本国内でオンラインカジノを楽しんでいても捕まることがないと考えられていましたので、大変ショッキングなニュースとして受け止められました。
その背景としましては、海外で運営されているカジノではあるものの、日本人向けに特化されていたことが理由で、そのため日本の賭博罪を適用したと思われます。さらに逮捕された3人はブログなどでギャンブルの内容を詳細に掲載するなどして、容易に身元を特定されてしまったなどの経緯があるのです。

パトカー

賭博罪逮捕後の経緯

賭博された3人のうち、2人は罪を認めて罰金を払いましたが、残りの1人は最後まで争うことを選択しました。その結果、この1人は不起訴処分となったのです。オンラインカジノプレイヤーにとりまして朗報であり、有能な担当弁護士が不起訴を勝ち取った事案と考えてよいでしょう。賭博罪の基となる賭博法を考えてみますと、基本的には運営側を罰する法律であり、海外に拠点をおく運営業者を罰することができない以上、プレイヤーを有罪にすることは無理があります。

まとめ

オンラインカジノの仕組みと賭博法について理解を深めておきましょう。
ライセンスを所持しているメジャーなカジノサイトを選べば、安心して楽しめますよ。