カジノカフェは大丈夫なのか?

カジノカフェ

首都圏の繁華街などで、ときどきカジノカフェを見かけることはありませんか?
このようなカジノカフェは逮捕者が出ていることもありますので、十分に注意しなければなりません。

カジノカフェとは

カジノカフェとは通称インカジと呼ばれているものであり、店舗の中でインターネットを利用したオンラインカジノで遊べるようにしているものです。注意しなければならないのは、ご家庭でプレイするオンラインカジノと違い、店舗自体が胴元となっていることが多いということですね。胴元が国内に存在するということは、賭博罪が適用されてしまうリスクが高いこととなり、このような店舗で遊んでいると摘発されてしまう可能性が高いことになりますよ。

カジノカフェ摘発ニュース

2006年の2月に京都のインターネットカフェ(ゴールドラッシュ)が摘発され、店員2名と客2名が賭博罪容疑で逮捕されております。これは全国初の摘発例であり、各方面へ大きな衝撃を与えた事件として、センセーショナルに報道されました。
「なぜ、このようなことになってしまったのでしょう?」オンラインカジノの合法性を信じてきただけに、ショックをかくせない人は少なくないですね。こうした店舗の運営者は暴力団関係者とつながりを持つ可能性が高く、警察が捜査対象として常にマークされてきたのです。捜査当局は経営実態を以前より調査しており、地道な捜査の積み重ねによって摘発および逮捕に至ったということになります。

カジノカフェ

カジノカフェ判決

店舗運営者の2名は常習賭博罪に問われることとなり、極めて重い判決が下されました。その内容は、懲役2年・執行猶予5年に追徴金が1億円というものであり、今までの利益の大半を失ってしまうものとなりますね。これは犯罪の内容が長期かつ組織的であった点が問題視されたものであり、今後同様の事件に対する警鐘を鳴らすものなのです。

賭博罪について

ここでもう一度この問題を整理しておきましょう。日本国内でギャンブル行為は賭博罪に抵触することになりますから、十分注意しなければなりません。
オンラインカジノの場合には、海外の業者が運営していることもあり、日本の法律をそのまま適用させることは不可能です。ただし、海外のカジノサイトを利用していたとしても、国内に胴元が存在している場合には、賭博罪の適用を免れることは難しいと考えておいてください。

まとめ

国内でおこっている摘発事例に触れることで、問題点が浮き上がってくることとなります。十分理解を深めるようにしましょう。