ブラックジャックの遊び方(入門編)

ブラックジャックの遊び方(入門編)

オンラインカジノには「スロット」「ルーレト」「カードゲーム」を中心に様々なゲームが存在し、1つのサイトで約2000種類のゲームで遊べるとも言われています。
 
そんなオンラインカジノを代表するゲームの1つに『ブラックジャック』があります。
シンプルで奥深いゲーム性や「ライブカジノ」を通してランドカジノの雰囲気も楽しめることから、世界中のオンラインカジノ初心者から上級者まで、幅広い層のプレイヤーに人気を集めています。
 
今回は「ブラックジャックの遊び方(入門編)」について、ご紹介します。
 
 

基本ルール

基本ルール

「ディーラーがカードを自分とプレイヤーに配り、カードの合計値が21以下で、より21に近い数字の持ち主が勝者」というシンプルなゲームです。

2~9の数字はそのまま、10およびJ・Q・Kはすべて10で計算します。
Aは「特殊カード」扱いになり、1もしくは11のどちらかを持ち主が選んで計算します。

複数のプレイヤーと1人のディーラーが対戦することも可能ですが、基本的な対戦スタイルは1対1です。
プレイヤーが数名いても、個別にディーラーと対戦する」というのがブラックジャックのルールです。

★勝敗・引き分けの条件
ブラックジャックのルールはごくシンプルで、常に21以下・より21に近い数字の持ち主が勝ちます。
21を超えた時点で「バースト」となり負けが確定してしまうので、いかに「21を超えずに近づけるのか」というのが鍵になります。

また、合計した数字がディーラーと同じ場合は「引き分け」になります。
引き分けの場合、ベットした金額はそのまま戻って来ます。

さらにブラックジャックには「ディーラーは16以上になるまでカードを引く」というルールがあります。
このルールは常に適用されるため、ディーラー側は16以上の数字で常に挑んでいることになります。
そのルールを踏まえてカードを引いて勝負していきましょう。
 

ゲームの流れ・注意点

ゲームの流れ・注意点

ブラックジャックの基本ルールは単純ですが、細かなルールがいくつかあります。
「ブラックジャック」と冠したゲームであっても 100種類以上のゲームがあり、特別ルールの採用や、ベット金額の最低値・最高値の違いがあります。
事前にルールを確認し、ゲーム内容を把握した上で挑戦しましょう。

★ブラックジャックの基本的な流れ
まずは画面内にあるチップをタップし、掛け金を決めます。
するとプレイヤーとディーラーにカードが配られるので、自分のカードの数字を確認していきましょう。

まだ数字を足したい場合は「ヒット」、勝負するなら「スタンド」をタップします。
最終的に勝負するときは「スタンド」をタップし、お互いにカードを開示していきます。

ヒット、スタンドの他に、掛け金を2倍にする「ダブル・ダウン(ダブル)」というルールもあります。
ブラックジャックは、最初にカードを配る前にベットするというルールがありますが「ダブル・ダウン」は、カードが配られた後でも選択可能です。
「ダブル・ダウン」を使うには、次のカードを1枚引くことが条件なので、次の1枚で21に極めて近くなる自信がある時に使いましょう。

★ライブゲームの場合
「ライブゲーム」では、本物のディーラーおよび参加プレイヤーと一緒にオンラインで同時に対戦します。
一般的に1テーブルの着席可能人数は決まっていて、テーブルが満席になると入れなくなります。
例えば7人満席のテーブルの場合「1/7」や「7/7」と表示され、7/7以下が参加可能なテーブルになります。

参加プレイヤーが複数いる場合は、左から順番に進行します。
リアルタイムのゲーム進行は臨場感がありますが、他プレイヤーの選択を待つ必要もあるため、参加者が多いほど1ゲームの消費時間も長くなります。
ライブゲームに参加する際は、時間に余裕を持って遊ぶように心がけましょう。
 
 

特殊ルール

特殊ルール

ブラックジャックの中には「特殊ルール」が採用されているゲームも存在します。
「特殊ルール」の種類は様々ありますが、その中でも代表的なルールを3種類、簡単にご紹介します。

★サレンダー
「サレンダー」が使えるブラックジャックであれば、途中で勝負を止めることができます。
「最初のターン時にしか使えない」という制限もありますが、サレンダーを使うと勝負を放棄する代わりに、賭け金の半分が返金されます
最初に配られたカードを見て、サレンダーを利用するか決めましょう。
分が悪いカードが出た場合に使えば、負け金額を減らすことができます。
 
★スイッチ
ブラックジャックのルールでは、プレイヤーには最初に2枚のカードが配られ、ゲームが進んでいきます。
しかし「スイッチブラックジャック」では2枚×2組、2つのハンドに個別でベットしてゲームを進行していきます。
さらに「ハンド1」と「ハンド2」が配られた時点で、各ハンドの2枚目のカードを交換する事が可能です。
最初のターンでしか入れ替えることはできませんが、4枚のカードを見てスイッチの有無を決めましょう。

▼スイッチ切替前
ハンド1|1枚目(ハートQ)、2枚目(スペード9)
ハンド2|1枚目(クローバー6)、2枚目(ダイヤ2)

▼スイッチ切替後
ハンド1|1枚目(ハートQ)、2枚目(ダイヤ2)
ハンド2|1枚目(クローバー6)、2枚目(スペード9)

★プログレッシブ・ブラックジャック
ルール自体は普通のブラックジャックですが、ジャックポット機能を追加したゲームです。
元々の配当とは別にジャックポットに賭けることができます。

ただし、ジャックポットを当てるためには最初にAを引く必要があります。
最初にAを引けなかった場合は対象外になってしまうので覚えておきましょう。

最初にAを引くと配当は5倍となり、2枚連続で引くと50倍、4枚連続で引くと2500倍になります。
連続した枚数やAの種類によって配当が変わり、難易度が高ければ高いほど配当も大きくなります。
当てるのは難しいですが、他のプレイヤーが積み立ててきた金額を獲得することができます。
 
 

まとめ

ブラックジャックを遊ぶには、ルールを覚える必要があります。
戦略的な面が強いゲームなので、ルールを熟知することは勝利への近道となります。
オンラインカジノの中でもブラックジャックの還元率は、平均的に99%以上と高いので、ルールをしっかり覚えて実践に活かしましょう。
 
また、ブラックジャックには、投資法(チップコントロール)やベーシックストラテジー、カウンティングなど様々な必勝法があります。
一通りルールに沿って遊べるようになったら、ブラックジャックの必勝法についても学んでみましょう。



Leave a Reply

Your email address will not be published.

*
*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。