オンラインカジノで人気を集めるゲーム

オンラインカジノで人気を集めるゲーム

オンラインカジノのルーレットというゲーム

オンラインカジノのルーレットというゲームはとにかく知名度があり、世界中のプレイヤーに人気となっているゲームです。
「ロシアンルーレット」「ドラクエのルーレット」と言った名の知れたルーレットはたくさんありますし、テーブルゲームの中でもいつも賑わっているゲームです。
ゲームセンターでも遊ぶことが出来るので、幅広い年代の方に人気です。

ルーレットの魅力はなんといってもルールが基本的にはシンプルですし、コツが必要がなく難しいことを考える必要がありません。
このため、初心者でも入り込みやすいですし、運でも勝てるというのが大きな魅力です。

また、配当を自分で決めることが出来るので、高額な賞金も狙いやすいですし、そういった面でもギャンブル好きの方にも人気となっています。

ルーレットのインサイドベットとは

ルーレットの賭け方の一つとして、インサイドベットがあります。
こちらは、数字に賭ける方法で、特定の数字だけに賭けて、そして高額配当を狙うという賭け方です。
1つの数字に賭けて、もしもそれが当たった場合、的中率が低いこともあり、36倍の高額配当を受け取る事が出来ます。

また、6つまでの数字に賭けることが出来て、それぞれ6~18倍の配当を受け取る事が出来ます。
賭けるべきポイント、そしてその配当を覚えておくようにしましょう。

アウトサイドベットとは?

ルーレットのアウトサイドベットという賭け方はインサイトベットとは異なり、数字以外のエリアに賭ける方法となります。
奇数か偶数、もしくは赤と黒、前半と後半の賭けだったり、1列賭け・ダース賭けなどの賭け方が出来ます。
どの賭け方についても2~3倍の配当になりますので、けして配当は大きくありませんが、的中率がほぼ半分のものもあり、かなり当たりやすいのが特徴です。
このため、数字に賭けて当たらないリスクを防ぎたい場合や、なるべく勝ちたいという方、初心者の方でコツを掴みたいという場合に、アウトサイドベットでまずは遣ってみると良いでしょう。

カジノによってルーレットの種類が異なる

一言にルーレットといってもさまざまな種類があり、配置や配当が異なっているので、どんな風に違うのかをチェックしておくべきです。
たとえば、ヨーロピアンルーレットとアメリカンルーレットでは、配置も、数字の数も違いがあります。
遊ぶ場合には、自分の好みの配置になっているかどうかを確認しましょう。

勝ちやすいゲームブラックジャック

オンラインカジノのさまざまなゲームの中でも、ブラックジャックは非常に勝ちやすいギャンブルゲームとして知られています。
ブラックジャックは運次第のゲームとは違い、スキルや経験を生かしやすいゲームとなっています。
例えば、勝ち方や攻略法である、確率を分析したベーシックストラテジーなどを用いれば一定の勝率になりますし、勝てる可能性はぐっと上がります。

また、ブラックジャックは1対1のテーブルゲームであり、マンツーマンの勝負が楽しめます。
ディーラーとの競い合いのゲームなので、カジノならではの対戦ができるという点でも面白さがあります。

ブラックジャックはどのようなルール?

ブラックジャックのルールですが、基本的にはトランプのカードの数字の合計が21に近い方が勝ちというゲームです。
最初はプレイヤーディーラーとそれぞれが2枚ずつから始まり、合計の数字で競い合います。

ただし、21を超えてしまった場合には、無条件で負けが確定してしまいます。

数字の数え方はどのように数える?

ブラックジャックの数字の数え方ですが、非常に単純です。
Aは、まず1、もしくは11のどちらでもプレイヤーの好きに数えることが出来ます。
そして、2から10はそのままの数え方で数えるようにし、絵柄のカードは10と数えます。
こちらのAのカードと絵柄のカードが出ればブラックジャックで21になります。

3枚以上の組み合わせでも21になれば勝ちになりますが、プレイヤーかディーラーのいずれかがブラックジャックならこちらが優先勝ちになります。
また、双方がブラックジャック同士の場合、ディーラーが勝ちとなります。

ゲームの進め方

オンラインカジノのブラックジャックのゲームの進め方ですが、まずはディーラーがプレイヤーとディーラーに2枚ずつ配ります。
そして、ディーラーのカードはいずれか一方が伏せられる形になります。
プレイヤーは、2枚を確認し、3枚目のカードを引くかどうかを選択することが出来ます。

一方で、ディーラーには選択肢はなく、17という数になるまでカードを引き続ける必要があります。
ここで、カードを引くかどうかを選択する事が出来るのが、オンラインカジノの醍醐味であり、ここで勝負が決まります。

3枚目を引くことを「ヒット」、引かないことを「スタンド」といいます。
上手く組み合わせて21にすることが必要ですが、21を超えてしまえば負けになりますので、計算をして組み立てることが大切なのです。



Leave a Reply

Your email address will not be published.

*
*

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。